TOP > 社長コラムTOP > Vol.18 ROSETTA CAFFE COMPANY
社長コラム
Vol.18
Vol.18 ROSETTA CAFFE COMPANY
徳島県小松島市堀川町2-4
TEL.0885-38-6465
https://www.facebook.com/rosettacoffeejapan

 ロゼッタとは葉っぱ模様のラテアートのことで、リーフとも呼 ばれている。このロゼッタを店名に取り入れたカフェがこの ROSETTA CAFFE COMPANYである。ロケーションは徳島県小 松島市で、徳島県内唯一のクルーズ船が寄港する港町だ。市 内にはラテアートを提供する店は言うに及ばず、カフェやコー ヒー店も人口4万人の町に4~5店あるのみと極めて少ない。
ROSETTA1
ROSETTA2 ROSETTA3

 ここに出店したROSETTA CAFFE COMPANYは地元出身の竹村浩史氏が オーナーバリスタを務める店だ。今年29歳を迎えた彼のバリスタ経験は10 年。有名なデルソーレでも経験を積み、徳島に戻って具体的な目標の元に努 力を重ねてきた。もちろんバリスタの技術を磨きつつも、カフェの様々な下積 み仕事を経験している。隣の徳島市の有名店TOKUSHIMA COFFEE WORKSで も、開業前の2年間、ホール、デシャップ、バリスタを務めてきた。勤務中の 2012.2013にはここからJBCにチャレンジしている。その前には早朝から出勤 して、自前のミルやコーヒー豆やミルクを持ち込んで練習を重ねてきたこと を、COFFEE WORKSオーナーの小原博氏が語ってくれた。しかしサポートは COFFEE WORKSに留まらない。ROSETTAではエスプレッソコーヒーの他にサ イフォンコーヒーも提供するのだが、バリスタとしての技術やカフェ経営のノ ウハウの指導を仰いだのがCafe ROSSOの門脇洋之氏、四国松山のmiima espresso & coffeeの三間昌敏氏と中島沙織氏のご夫婦だ。門脇洋之氏は JBC2003,2005チャンピョンでWBC2005準優勝者、三間昌敏氏もJBC2005の 入賞者で、奥様の中島沙織氏はJSC2008チャンピョン(2007,2010第2位)の 錚々たる方々である。この方々はそれぞれが地元で新機軸のカフェを立ち上 げて成功を収めており、そのカフェを全国から訪れる人が絶えないほどの有 名店に育て上げている。COFFEE WORKSの小原氏を始めとしたこの方々から は、単なる技術の習得ではなく、地元のカフェやコーヒー文化を支え、発展さ せてきた経験を学ぶことがその目的でもあった。  また小原氏は資金面でもいろいろ助言をされたようだが、竹村氏は出店に 当たり、平成25年度【地域需要創造型起業・創業支援制度】に申請して、見事 18件ある徳島県の1件に認められている。そのテーマは「テイクアウトとカ フェスペースを併設したバリスタカフェの実施」であり、支援行は地元の阿波 銀行小松島支店である。
 こうして2014.05.12にグランドオープンを迎えたROSETTA CAFFE COMPANYは、JR阿波室戸シーサイドライン南小松島駅に近い県道33号沿いで、小松島郵便局の並びである。訪問したのはオープンから3週間過ぎの6月上旬だったが、この日もカフェは満席であった。カフェの手前に20台ほどの駐車場を持つが、常に満車で、カフェも満席の状態が続くほどの繁盛店になっている。店舗の建物はガルバリウム鋼板の赤い屋根と、同素材の波板の壁面からなり、大きな窓や入口が切り取られている。庇は間伐材のヒノキ丸柱で支えられており、鋼板とガラスの外観に好いアクセントとなっている。店内は角材を用いて頑丈に組まれた梁と、無垢のフローリングが美しく、外見とは全く異なる雰囲気が新鮮だ。ROSETTAの店名を支えるエスプレッソビバレジはMarzocco-FB80で提供され、テイクアウトの紙コップにもバリスタの手になる美しいロゼッタ模様が入っている。加えてサイフォンコーヒーがあり、世界的に広がり始めたハロゲン光源の光サイフォンで提供されている。幅広い客層に対応できる本格的なコーヒーメニュー
である。そして豆の販売にも力が入っている。ガラスストッカーを上下2段に10台並べた専用台に、品名のほかにその豆の味の特徴が、酸味・苦み・甘み・バランスで表示され、生豆・焙煎豆・グラインドされた粉の状態が一目で判る工夫がされている。それが10セットあるのだから圧倒的なディスプレイであり、コーヒー豆の販売が狙いの一つだと理解できる。
 カフェの規模としてはホールに6卓24席、個室1卓6席、カウンターに5席、ウッドデッキに4卓8席で客席総数43席になる。個人にも小グループにも、そしてやや人数の多いグループにも対応できることは、客の来店動機の向上に繋がるだろう。よく考えられた配置である。この時期の一番人気はウッドデッキで、阿波室戸シーサイドラインの線路が目の前だ。ローカル線の単線路線のために列車が頻繁に通るわけではないが、その分列車に遭遇するトキメキはまた一つの楽しみである。このデッキは横殴りの雨でない限り濡れる心配はないので、稼動率は高そうだ。良いロケーションを手に入れたものだ。
 ROSETTA CAFFE COMPANYはコーヒーに取り組む若い人が、その夢見るままに形にしたカフェである。それは自分に課した努力の積み重ねと、多くの先輩達の親身な応援、そして社会やコミュニティの厚い支援を得ながら船出した小さな船だ。その航跡は途切れることなく続き、またいくつかのドラマを生み育てるのだろう。一人の若者の勇気がこうして未来へ続く道程の一歩となってゆく。そんなROSETTA CAFFE COMPANYである。
ROSETTA3
TOKUSHIMA COFFEE WORKSオーナー小原 博氏徳島市山城西1-7 088-624-1516
CAFE ROSSOオーナー門脇洋之氏安来市門生町4-3 0854-22-1177
miima espresso & coffeeオーナー三間昌敏氏松山市千舟町5-1 089-931-2031
2014/7
カフェグッズ代表
小林 文夫
※このページの上に戻る
PDFファイル